歯を痛めてしまう歯ぎしり

歯ぎしりは本来、私たちにとって大切なストレスコントロール機能です。「噛むこと」によって、脳がリラックスする効果が認められており、「歯ぎしり」もそうした機能があり、脳とからだを守っているのだろうと考えられています。

ところが歯ぎしりのなかには、歯を痛めてしまう「悪い歯ぎしり」があります。さらにかみ合わせや歯並びが悪いと、歯ぎしりが起きた時に歯や歯茎へのダメージが大きくなります。ナイトガードを使用することで、歯やあごにかかる負担を減らします。様々な治療法がありますので、ご相談ください。

PAGE TOP