お子さまの歯を守りたい

乳歯や生えはじめの永久歯は、歯質が弱いためむし歯のリスクが高くなります。お子さまの歯のケアは、生涯ともにする永久歯を守ることに繋がります。お子さまの成長に合わせて治療や予防を行います。

お子さまのためのむし歯治療

① 初期のむし歯

適切なセルフケアや処置をすることで削らずにすむ場合があります。詳細は下記「予防処置」をご覧ください。

② 治療が必要なむし歯

健全な歯を損なわないようにその部分だけ削り最小限に留めます。むし歯を放置したままにすると、後から生えてくる永久歯の歯並びが悪くなったり、弱い永久歯が生えてくる場合があります。

お子さまの歯並び・かみ合わせ

きれいな歯並びや正しいかみ合わせは、円滑な発音やコミュニケーションに関係しており、むし歯や歯周病のリスクを抑えたり、あごの成長をはじめとしてお体のバランスを整えるなど、お子さまが健やかに成長する上で重要なポイントです。かみ合わせなど気になることがありましたらご相談ください。詳細は「矯正歯科」または「発音のご相談」をご覧ください。

予防処置

① TBI(歯磨き指導)

お子さまの年齢に合わせて、歯磨きが上手になるように、大人になってもむし歯ゼロでいられるように歯磨きの練習をします。

むし歯ができやすい場所
  • 歯と歯の間
  • 歯と歯ぐきの境目
  • 歯の溝

② フッ素塗布

歯磨き剤にも含まれていますが、歯科医院では高濃度のフッ素を塗布することができます。フッ素は、主に次の3つの働きで歯を守ってくれます。

  • 歯質を強化して、酸に溶けにくくする
  • むし歯菌の働きを弱め、酸の生産を抑える
  • カルシウムやリンを取り込み、歯の再石灰化を促進

③ シーラント

6歳臼歯などの生えはじめの奥歯には複雑な溝があります。溝が深い場合、汚れ(食べかすや歯垢)が溜まりやすい場所で歯ブラシが届かないことがあります。「シーラント」というフッ素を含んだ樹脂で溝を塞いで予防します。

処置の流れ
① 歯の汚れを取り除きます
② シーラントで溝を埋め立てます
③ 定期健診を行います

*フッ素塗布やシーラントだけではむし歯予防は十分ではありません。ご家庭では、食べたら歯磨きする習慣をつけ、食生活を含めた正しい生活習慣を守ることがむし歯予防につながります。

PAGE TOP