補綴治療(歯を入れる)

奥歯を1本失ってしまった場合だけでも、噛む力は本来と比べ大幅に低下してしまいます。歯が抜けているのを放置すると、かみ合わせや歯並びも悪くなります。歯を入れると、よく噛めて食事ができ、噛みしめることでからだに力が入りバランス感覚を保つなど、生活の質(QOL:クオリティー・オブ・ライフ)を維持することに繋がります。さらにお口の機能を維持することは、健康寿命を延ばすために重要です。歯を失ってしまった場合には下記の​3つの選択肢があります。

インプラント

あごの骨にインプラント体(人工の歯根)を埋め込み、上部構造(人工の歯)を取り付けます。

義歯(入れ歯)

失った歯の本数に応じて様々な形態の入れ歯が存在します。バネを健康な歯に掛けたり、歯茎に被せて使用します。特殊なプラスチックやチタンなどの薄い金属プレートを使用した健康保険適用外の入れ歯も取り揃えています。ご相談ください。

部分入れ歯
総入れ歯(レジン床)
総入れ歯(金属床)

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を​削って土台を作り、両端から橋渡しをするような形で失った歯を補います。

処置の流れ(ブリッジの場合)

① 診査・診断

歯の型を取り、ブリッジの設計を行います。

② 仮歯の装着

両隣の歯を削り、仮歯を装着します。一時的に仮歯を使用してもらい、かみ合わせや土台となる歯など問題がないか確認します。

③ 最終的な歯の型取り

最終的な歯の型を取り、かみ合わせなどを記録します。

④ 装着・かみ合わせ調整

完成したブリッジを装着します。

⑤ メインテナンス

治療後のお口を良好な状態に保つために、定期健診を行います。

しっかりかめることは、健やかで快適な生活を送るうえで欠かせないポイントです。お口全体のバランスを考慮して、患者さんに合った補綴治療をご提供しますのでご相談ください。治療後のお口を良好な状態に保つには、歯科医院で定期的にメインテナンスしてもらうことが大切です。

PAGE TOP