歯がしみる・歯が痛い

歯が痛む原因

むし歯・磨きすぎ・かみ合わせ・歯ぎしりなど様々です。

むし歯

お口の中のむし歯菌が、食べ物や飲み物に含まれる糖分から栄養を取り、作り出した酸によって歯が溶けた状態がむし歯です。4つの要因が悪い条件で重なった時に発症します。

むし歯(う蝕)の4要因
  • 細菌:むし歯菌(ミュータンス菌など)の数
  • 糖分:主にショ糖
  • 歯質:唾液の量や歯の抵抗力の低下
  • 時間:間食が多い食習慣、食後の歯磨きの有無

初期のむし歯

適切なセルフケアや処置をすることで削らずにすむ場合があります。

治療が必要な小さなむし歯

健全な歯を損なわないようにその部分だけ削り最小限に留めます。

痛みが強い場合

歯の神経に達しているため、神経を取る治療(根の治療)が必要になります。神経を取ると歯の寿命がとても短くなります。

大人のむし歯

① 2次う蝕

一度治療した詰め物や被せ物の境目から再発するむし歯です。

② 根面う蝕

加齢や歯周病で歯ぐきが痩せて露出した歯根にむし歯ができやすくなります。

ミュータンス菌

生まれたばかりのお子さまのお口の中からは、むし歯菌(ミュータンス菌など)はなく、唾液を介して育児従事者(特にお母さま)から伝播することがわかっています。ご家族皆さんで、お口の中を良好な状態に整えて、「予防歯科」も受けられることをお勧めします。

PAGE TOP